ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  金田一耕助  »  女王蜂(1978年) 主演:石坂浩二

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王蜂(1978年) 主演:石坂浩二

女王蜂 1976年公開の『犬神家の一族』は空前の横溝正史ブームを巻き起こし、『犬神家の一族』から1981年の『悪霊島』まで、5年の間に計9本の金田一映画が製作されました。特に、犬神大ヒット直後の1977年には、4月に『悪魔の手毬唄』(東宝)が公開され、わずか4ヶ月後に『獄門島』(東宝)、そしてそのわずか2ヵ月後には松竹が『八つ墓村』を公開、そしてまたわずか4ヵ月後の1978年2月にこの『女王蜂』(東宝)が公開されるといった具合で、このペースを見ただけでも、そのブームがいかに凄かったが窺い知れます。ブームの凄さはペースだけではなく、1979年1月、東映が『悪魔が来りて笛を吹く』を公開したことで、東宝、松竹、東映の大手3社がみな金田一映画を作ったことになる点を見ても言えると思います。金田一物は劇場映画だけでなく、テレビでもTBS系列で横溝正史シリーズとして連続ドラマが放映されましたから、それまで入れたら犬神以後何本の金田一映画・ドラマが作られたのやらと言った感じです。
 
 そんな横溝正史ブームの中で作られた『女王蜂』は、出演者の顔ぶれがやたら豪華なことでも話題でした。『犬神家の一族』の高峰三枝子、『悪魔の手毬唄』の岸恵子、『獄門島』の司葉子、と過去3作の犯人役大女優が勢揃い。松竹が『八つ墓村』で対抗してきたことで、それ以上のものを作るんだという意気込みが感じられます。が、この時点で既に4本もの金田一物を見せられていると、少なくとも私は、マンネリを感じずにはいられませんでした。そろそろ限界かと判断したのか、東宝もこれ以後金田一映画を作っていません。つまり、この作品が石坂浩二金田一耕助を演じた最後の作品となったのです(もっとも、1996年に豊川悦司で『八つ墓村』を作ったり、2006年に金田一耕助石坂浩二以外のキャストを変えただけで1976年のとほぼ同じ『犬神家の一族』を作ってたりしますが)。
 
中井貴惠 私が『女王蜂』という映画で一番印象に残っているのは、この作品でデビューした中井貴惠です。当時、中学生でしたが、この人の清楚な美しさにはチュウボーながら惹きつけられたもんです。カネボウ化粧品とタイアップしていたらしく、姉が化粧品屋から貰ってくる同社の化粧品パンフレットやCMなどにも登場していて、胸をキュンキュンさせながら見てました。
 ドラマティックなテーマ曲も大好きで、当時NHK-FMの映画音楽番組でエアチェック(死語?)した『女王蜂のテーマ』は今でも大事に取ってあります。聴くたびに音楽と中井貴惠の美しさが重なってウットリした気分にさせられました。いえ、「させられる」と言ったほうが正確でしょうか? 未だにそうですから。

女王蜂のテーマ』
YouTubeにありました。何度聴いても飽きないですねえ、この曲は。
作・編曲の田辺信一さんをWikipediaで調べてみたんですが、詳細なデータがありません。作品もそれほど多くないし、ご存命なのかどうかさえ分からない。広大なネットの海を探してもWikiの記述と似たり寄ったりです。
もしかして、誰か有名な作曲家の変名なのかな?と思ったりもします。田辺信一さんについてご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。




『女王蜂』(1978年)
原作:横溝正史
監督:市川崑
脚本:日高真也、桂千穂、市川崑
音楽:田辺信一
撮影:長谷川清
照明:佐藤幸次郎
美術:阿久根巌
録音:矢野口文雄
編集:小川信夫、長田千鶴子
製作・配給:東宝
出演:石坂浩二、岸恵子、司葉子、高峰三枝子、仲代達矢、中井貴惠、萩尾みどり、沖雅也、加藤武、大滝秀治、神山繁、小林昭二、伴淳三郎、三木のり平、草笛光子、坂口良子

  


出来ればポチッとお願いします。
 にほんブログ村 映画ブログへ 
スポンサーサイト
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。