ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  松田優作  »  ア・ホーマンス(1986年) 主演:松田優作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ア・ホーマンス(1986年) 主演:松田優作

過去を、記憶すら持たない自由な男が欲望と暴力に満ちた都会に現れた時、何かが起こる…。
人気漫画を基に松田優作が初メガフォンをとったハードアクション。新宿に現れた“風(ふう)さん”と呼ばれる男と、はみ出しヤクザとの間に生まれた奇妙な友情を衝撃的な暴力シーンを交えて描くハードボイルド・ドラマ!(映連データベースより。リンク先に粗筋もあります)

ア・ホーマンス いやあ、たまげたなあ、最後は・・・
 「こ、こ、こ、こんなんアリ~~!?」って、ビックリした後に笑いがこみ上げてきました。映画は全てのシーンがラストに繋がっていると何かで読みましたが、“風さん”の行動を最初から思い出した時、こういうラストならあのシーンもあのシーンもあのシーンも全て合点がいくというものです。
 まあ、観たことない人は観てみてください。観た後で怒りがこみ上げてくる人、「これはこれでいいんじゃない?」と思える人、「素晴らしい、画期的だ!!」と思う人、どう受け止めるかは観た人の自由ですから。
 
 私自身は「これはこれでアリかも」派です。

 というか、ラストなんてどうでもいいんです。これは男と男の友情の物語。松田優作石橋凌、野性味溢れる二人の男の固い絆を描いた映画です。核心はあくまでそこですから。
 山崎(石橋凌)のためならどんな危険にも飛び込んでいく風(松田優作)、山崎も最初は風の変な魅力から近づいたものの、やがて絶大な信頼を寄せるようになる。ヤクザの幹部が風に対しては敬語さえ使うのです。風が山崎を守ろうとする姿は友情を飛び越えて愛情さえ感じさせます。ラストの問題点一つで駄作扱い出来る作品ではありません。

 それに、優作の初監督作品ということですが、光るものがあると思いました。
 (この映画は東映とキティの共同製作ですが)東映のヤクザ物やアクション物と言えば、分かり易さ第一主義みたいなところがあって演出面にはあまりこだわらないところがありましたが、この作品では演出もかなり凝ってます。夜の歓楽街や風俗店の中などかなり雰囲気が出てましたし、ポール牧がヒットマンを殺すシーン、山崎を逃亡させた子分の口をカミソリで裂くシーン、山崎の恋人を犯した後のシーンなどのリアリティはそれまでの東映作品にはあまり無かったように思います。『その男、凶暴につき』の時の北野武監督、この映画にかなりインスパイアされたんじゃないのかな?とさえ思いました。

 音楽も良かったですね。しっかりと場の雰囲気を表現した音楽が作られてます。この面でも優作は色々注文を出したようで、音楽プロデューサーのところに名前があります。
 
 尚、この作品、当初は小池要之助って人が監督を務める予定だったのですが、優作と意見が合わず、自ら降板したそうです。調べてみたらかなり不遇な人みたいで、テレビドラマもそれほど多くないし映画となると1本きり。本人は劇場映画を撮りたがっていたようですが・・・この監督について凄く興味が湧きました。

YouTubeでワンシーンを見ることが出来ます→ア・ホーマンス(プレビュー)

ARB - AFTER '45
ア・ホーマンス』エンディング曲です


ア・ホーマンス(1986年)
原作:狩撫麻礼たなか亜希夫
監督:松田優作
脚本:丸山昇一、松田優作
音楽:奈良敏博、羽山伸也
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
美術:今村力
録音:宮本久幸
編集:冨田功
主題歌:『AFTER '45』(作詞・作曲:石橋凌 編曲・歌:ARB サウンドトラック盤:ビクターレコード)
出演:松田優作石橋凌手塚理美、片桐竜次、平沢智子、剛州、梅津栄、伊藤洋三郎、加藤善博、ポール牧石橋蓮司小林稔侍阿木燿子、ジャンボ杉田

出来ればポチッとお願いします。
 にほんブログ村 映画ブログへ 

  
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。