ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  2010年代邦画  »  プリンセス トヨトミ(2011年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス トヨトミ(2011年)

プリンセス トヨトミ 1 会計検査院の調査で大阪にやってきた松平元(堤真一)と、その部下・旭ゲーンズブール(岡田将生)、鳥居忠子(綾瀬はるか)。
「財団法人OJO(大阪城趾整備機構)」に不審を抱き、本格的な調査を開始した松平は、お好み焼き屋「太閤」の主・真田(中井貴一)によって、大阪国議事堂に導き入れられます。そこで明かされる大阪国の秘密。大阪国総理大臣でもある真田は、大阪国が日本政府から正式に承認された国家であることを松平に告げ、日本政府から毎年補助金の形で受け取る5億円が正当なものであることを認めるよう求めます。
 真田からの要求を認めるか否か。やがて、大阪府庁舎前に大集結した全大阪国民の前で、松平がそれに裁断を下す時がやってくるのですが・・・


プリンセス トヨトミ 6


 かなりツッコミ所が多い、と言うか、ツッコミ所だらけの作品です。

 恐らく多くの観客が、それをキッカケに始まるスペクタクル巨篇を期待し、そして、それを目当てに劇場に足を運んだであろう「大阪全停止」はその最たるもの。いざ観てみると、あまりのありえなさに、頭の中を「?」マークが飛び交ったことでしょう。原作では、街から人気が無くなることは無かったようですが、映画では、やはり視覚的なインパクトが必用なのでしょうか、ツッコミ覚悟で原作を改変したものと思われます。

プリンセス トヨトミ 5 400年もの長きに渡って、大阪国なる国家内国家が秘密裏に存在している。国民は父親を亡くした大阪の男すべて。豊臣秀吉、秀頼、国松から連綿と続く豊臣家直系の王女がおり、日本政府から毎年支払われる5億円の補助金によって今も維持されている、という大元の設定からしてかなり無理があるので、あちこち穴が開いてしまうのは致し方ないこととは思います。ネットで他の方のレビューを読んでもボロクソに書かれてます。


 しかし、それでも私は、この穴だらけの作品を駄作だと斬り捨てるには忍びないものを感じます。

 自分に死が訪れることを確信した時、大阪の男は、息子を、大阪城の真下にある国会議事堂に連れていきます。息子は、大阪城へ続く長い廊下を父と並んで歩きながら、大阪国と女王の存在を初めて父から聞かされるのです。

 大阪府庁舎前を埋め尽くした大群衆を前に、松平は真田に問います。
「なぜ、信じる? あの地下の議事堂をたった一度訪れただけで、なぜこんなお伽噺のような世界を信じることが出来る?」

 真田が答えます。「それは父の言葉だからだ」

 父が死を覚悟した時の言葉だからだと真田は言うのです。
 でも、例えば、臨終を前にした父親から「先祖代々の土地を守れ」と言われたとして、それを誰もが固く守っていくでしょうか? 諸般の事情で売らなければならない場合だってあり、その時は父の言葉を裏切ります。
プリンセス トヨトミ 3 松平は大阪国の存在を「お伽噺」だと言い、大阪中の男がそれを信じていることが信じられません。しかし、映画では、信じられています。「お伽噺」なのは、むしろ、この部分です。人によってはツッコミ所と取るでしょう。でも私は「お伽噺」だと思いたい。そして、そんなお伽噺があってもいいと思います。大阪中の男が父の言葉を固く守って生きている。父と子、人と人との絆が希薄になっている現代だからこそ、それはとても心地よいお伽噺として聞けます。

 私の父も既に他界しています。松平の父親と似たり寄ったりで、決して尊敬できる父親ではありませんでした。しかし、オヤジはオヤジです。父と私を結ぶ、「情」という強く不思議な感情を断ち切ることは出来ません。「孝行したい時に親は無し」と言いますが、生きているうちに、もうちょっと父の喜ぶことをしてやれば良かった、ということを私も思います。
 最初は親子の絆を軽んじていた松平。それが真田との会見で、松平自身も、父に対するそういう情が呼び覚まされたようで、大阪国の存在を黙認することを選択します。甘いと言えば甘い。でも、それでいいじゃないですか。お伽噺です。
 ラスト、大阪国議事堂へ続く長い廊下を、松平が父とともに歩くシーンは、原作には無かったそうですが、とても良いシーンでした。
 最後のワンシーンも利いてます。大阪・夏の陣で、幼い国松をわざと逃がした徳川方武将、それを演じているのもまた堤真一。本作の脚本家や監督にしては洒落たことをするものです。

 作品の完成度という点では確かに穴だらけですが、そこに描かれているものは人情の機微に触れるものがあり、それは確実に伝わってきました。そんなに悪い作品ではありません。決して、たった一つの高評価ポイントが「無人の街を走る綾瀬はるかの、ブルンブルンと揺れる乳だけ」ということはないのです。


プリンセス トヨトミ(2011年)
監督:鈴木雅之
脚本:相沢友子
原作:万城目学
製作:亀山千広、堤田泰夫(関西テレビ)、島谷能成(東宝)
音楽:佐橋俊彦
主題歌:ケルティック・ウーマン「Princess Toyotomi〜永遠の絆」
撮影:佐光朗
編集:田口拓也(バスク)
制作:楽映舎
配給:東宝

出演:堤真一綾瀬はるか岡田将生沢木ルカ、森永悠希、江守徹、菊池桃子、笹野高史、和久井映見中井貴一

ポチっとやってもらえると幸せです
にほんブログ村 映画ブログへ  


スポンサーサイト
Comment
Trackback
 会計検査院の調査で大阪にやってきた松平元(堤真一)と、その部下・旭ゲーンズブール(岡田将生)、鳥居忠子(綾瀬はるか)。「財団法人OJO(大阪城趾整備機構)」に不審を抱き、...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。