FC2ブログ
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  松田優作  »  乱れからくり(1979年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱れからくり(1979年)

《あらすじ》
玩具メーカー「鶴寿堂」の製作部長の馬割朋浩が交通事故に遭って死んだ。息をひきとる直前、同乗していた妻、真棹の首を締めようとしながら。「鶴寿堂」社長・馬割鉄馬に依頼されて会社乗取り工作を調査していた興信所の社員勝敏夫は、すんでの所で真棹を助け出した。馬割家は江戸時代以来の人形作り一節に歩んできた一族で、現在は、脳溢血で倒れた三代目の鉄馬に替って息子の宗児が営業部長を、鉄馬の弟、龍吉の息子朋浩が製作部長を担当して店の経営にあたっていた。しかし、朋浩の妻、真棹と宗児には肉体関係があり、朋浩と宗児の仲は業界でも評判の険悪なものであった。やがて、「朋浩さんは殺されたのよ!」と話していた宗児の妹の香尾里が屋敷内で殺された。馬割一族の住む屋敷は〈ねじ屋敷〉と呼ばれるほど迷路の入り組んだ邸宅で外部の者はとても自由に歩けない。犯人は内部に存在するのか?つづいて宗児が自分の自慢の茶運び人形に仕掛けられた毒入りの注射器で殺された。敏夫は、茶運び人形の作者が江戸時代末期に金沢で活躍した天才人形師、大野弁吉であることをつきとめ、金沢に飛んだ。
乱れからくり - goo 映画


監督:児玉進
脚本:永原秀一
原作:泡坂妻夫
製作:田中文雄
撮影:上田正治
美術:樋口幸男
音楽:大野雄二

出演:松田優作野際陽子篠ひろ子沖雅也峰岸徹岸田森、結城しのぶ、田中邦衛、山西道広、北見治一


乱れからくり1 久しぶりに松田優作主演作を観ました。『乱れからくり』という1979年の作品です。原作は泡坂妻夫による同名の小説で、「第31回(1978年)日本推理作家協会賞」受賞作であり、直木賞候補にも挙げられていたそうです。そういう作品ならさぞや面白い映画に仕上がっているだろうと期待して観ました!! が・・・残念ながらあまり楽しめませんでした。

 とにかく脚本が荒いように思います。都合よく話が進み過ぎだし、ところどころ張られた伏線が全然回収されないまま終わったり。勝君(松田優作)と真棹(篠ひろ子)が逃げ込んだ旅館に、送られてきた人形の意味は何だったのでしょう? 大野弁吉の弟子・久右衛門が馬割作蔵と同一人物だったことで、なぜ、銭屋五兵衛の隠し財産がネジ屋敷の地下に隠されていることが分かったのでしょう? 勝君と真棹はいつの間に恋仲になったんでしょう? ・・・観終わっても納得いかない点が所々あって、消化の悪い食い物を食っちまった感が残ります。

 でも、良い点もありました。
 例えば、宗児(峰岸徹)が勝くんや宇内舞子(野際陽子)らに、自分のカラクリ人形のコレクションを嬉々として見せびらかすシーン。あれは良かった。「私のコレクション見てくださいよお」という雰囲気が出てて、「ああ、コレクターってこんな感じなんだろうな」と微笑ましくさえありました。勝君は少々退屈そうでしたが、宇内舞子はとりあえず彼に付き合って褒めて差し上げたりして、いや、私もあの場にいたら、内心興味無くてもビックリしたふりをしてあげたい、と思うほど、宗児が幸せそうで良かったです。

 また、【映画宝庫V3】さんによると、監督の児玉進という方は、テレビドラマ『太陽にほえろ!』のメイン監督を務めた方で、作品の中に登場する警察内部も『太陽にほえろ!』のセットを流用しているそうです。観ていると、「あ、これ七曲署じゃん!!」というシーンがあって、そういうところは楽しめます。

 登場人物については、奈良木警部役の田中邦衛は目いっぱいキャラを立てようとしてるのは分かりますが、どこか浮いてました。 
 でも、野際陽子演じる宇内舞子は、男言葉で話す面白いオバサンで、良いキャラクターでした。素人考えではありますが、松田優作野際陽子のダブル主演にして、二人のやりとりをもっと増やしたほうが面白くなったんじゃないかな?と思います(いっそのこと野際陽子主演でも良かった)。

乱れからくり3 ただ、トリックの強引さはどうにかならなかったですかね?(ネタバレしまくってますので、これから観るつもりの人は読まないように)
 第一の殺人として、馬割朋浩(沖雅也)と、その妻・真棹(篠ひろ子)を乗せた車が、空港に向かう途中で事故を起こし、朋浩だけが全身火傷で死んでしまうわけですが、実は朋浩が替え玉を用意して、自分が死んだように見せかけた、ということになってます。しかし、事故を起こした場所はどう見ても住宅街のど真ん中。こんな場所で事故を起こし、しかも車のトランクに乗せておいた替え玉を運転席に乗せるなんて出来ますか? 事故だけで大音響がするはずですし、車は炎上しているわけで、周りの住民は何事かと窓からでも様子を窺うでしょう。たとえ誰にも見られず入れ替えることが出来たとして、その替え玉が、誰だか判別出来ないぐらい燃えてくれるという保証がどこにあるのでしょう? あまりにリスクが大き過ぎるんじゃないでしょうか?
 第二の殺人は、馬割香尾里(結城しのぶ)が、朋浩からのプレゼントである万華鏡を受け取り、それを同封の手紙の指示通り池の縁で覗くと、万華鏡の覗き窓から銃弾が発射され香尾里が死ぬ!!というものですが、これもおかしなトリックでした。まず、香尾里が万華鏡を覗いた途端に銃弾が発射されるというのはどういう仕掛けでしょう? これについての説明は全然ありません。まあ、いいですよ、馬割家はカラクリに詳しそうな家ですから何らかの仕掛けが出来たのでしょう。でも、香尾里が朋浩からの指示通りに池の縁で万華鏡を覗いた結果、万華鏡は池に落ちて、凶器が何か分からなくなる、というトリックはいかがでしょう? 「石灯籠のところに立って万華鏡を覗け」という手紙だけで、香尾里が都合よく池に万華鏡が落ちる位置に立つ保証はあるのでしょうか? 画面で見る限り、石灯籠と池までは2メートルはあります。どこに立つか分かったもんじゃありません。むしろ池の縁ギリギリの所に立つ確率のほうが低いように思うのですが。
 第三の殺人で殺されるのは、香尾里の兄・宗児(峰岸徹)です。勝や宇内舞子に茶運び人形を見せている途中、人形に仕込まれた毒物入りの注射器に刺され、死にます。これも変です。朋浩は自分が海外に行っている2週間の間に宗児を殺す算段だったのですが、その2週間の間に、宗児がカラクリ人形に触る保証がどこにあったのでしょう? まあ、朋浩は途中で偽装死することになってますから、それが3週間後でも4週間後でもいいのかも知れませんが、それでも、第四の殺人に至っては、脚本家、本気で考えてるの? と言いたくなります。
 被害者は、馬割家当主・馬割鉄馬(岸田森)です。普段飲んでいる薬を飲んだところ、それに混入されていた毒によって死にます。トリックとしては、カプセル錠の中身が全部毒物にすり替えられ、ただ一錠を除いて、カプセルが全てプラスチック製にされていたので胃の中で溶けず死ななかった。しかし、一錠だけ、カプセルがゼラチン製なのがあって、それを飲むと毒で死ぬ。と言うんですが、そんな面倒臭いことしなくても、一錠だけに毒入れとけば済むやん・・・としか言いようが無かった。
 最大のトホホは、真犯人朋浩が、銭屋五兵衛の隠し財産を独り占めするため、容疑をかけられないよう自分が死んだことにして、馬割家一族を皆殺しにしていくという計画です。思うに、たとえそれが全て上手くいったところで、「死んだはずのアンタが、どうやってその財産の正当な所有権を主張出来ますのん?」てことです。全員が死んだ後で、「馬割家の財産は全部オレのもんだ」と出ていったところで、「じゃあ、事故で死んだ馬割朋浩は誰ですのん?」「あんた何か妙な真似してまへんか?」と疑いをかけられるんじゃありませんか? それとも一生死人のままで、戸籍も細工して別人として生きていく算段でもしてたんですかね?
 よく分かりません。と言うより、このトリックって、泡坂妻夫の原作通りなんですかね? だとしたら、日本推理作家協会賞っていう賞の権威にも疑問を持ってしまうのですが・・・。

乱れからくり2 まあ、いいんです。この作品も松田優作という人気俳優が出演することだけに頼ったブロマイド映画だったのでしょう。優作のファンとしては、彼の顔が観られるだけで良いんです。もうちょっとワイルドな優作が見たかったけど。

 あと、私は教養の無い人間ですので知らなかったのですが、劇中、名前だけ出てくる銭屋五兵衛や大野弁吉といった人物は実在したんですね。映画の中では銭屋五兵衛の銅像まで出てきます。金沢では有名なのでしょうか? いや、多分、全国的に有名な人物なのでしょう、私が知らないだけで。
 こういう実在の人物が話に絡んでくると、それにまつわる謎解きで一挙に話が面白くなるし、私はそういう話が大好きなのですが、この作品ではそれが活かしきれてなく、中途半端に名前だけ出すに終わっているのが残念です。この辺りを中心に話を進めれば凄く面白い映画になったように思うのですが・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ  

スポンサーサイト
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。