ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  外国映画  »  ライオン・キング(1994年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオン・キング(1994年)

ライオン・キング この作品について書くとなると、やっぱり、よくも『ジャングル大帝』をパクりやがったな!!ってことを言いたくなるのだけど、そのことはもう他の方が散々書いてるんで、敢えて触れないでおこうと思います。ディズニー・プロはとかく権利関係にシビアで、たとえ商用ではない場所でディズニーキャラクターを使用しても難癖つけてくることで有名ですが、そこまで自分達の権利に執着するんなら他人の作品の権利も尊重しろよ!とか、手塚治虫が死ぬのを待ってたようにパクるとはどんだけ卑劣なんだよ!?とか、そんだけ言っとけばいいでしょう。

 とりあえずここでは、TBS『水曜プレミアシネマ』で4月5日に放映された『ライオン・キング』を観た感想だけを書き留めておきます。

 絵については、もう言うことありません。さすが天下のディズニーです。素晴らしい。動物のデフォルメも神がかってます。アニメ大国と言われる日本ですが、イボイノシシ“プンバァ”のようなセンスのあるキャラクターデザインが出来る人はあまりいないように思います。

 また、視覚的に美しいシーンが随所に見られました。特に私のお気に入りは、ティモン 、プンバァ 、シンバが『ハクナ・マタタ』を歌いながら一列になって行進するシーンです。楽しくてファンタジック。大変好きなシーンです。

 ストーリーも、子供向け作品だけあって単純で分かり易いですね。欲を言えば、シンバとスカーの戦いが、王座を賭けてと言うより、叔父と甥の身内争いにしか見えないのが残念です。スカーが王座を乗っ取った後の、プライド・ランドの荒廃ぶりがアッサリとしか描かれていないせいでしょうか? シンバがプライド・ランドのために立ち上がったというヒロイックな感覚があまりありません。
 もう少し大風呂敷広げても良かったんじゃないのかなあ?と少しばかり物足りなさを感じちゃいましたけど、まあ、子供にあんまりスケールの大きい物語を見せても分からないかも知れないし、これはこれで良かったのかな? 

 あと、せっかく凄い技術を持っているのだから、スペクタル感溢れるシーンをもっと増やせなかったかな?とも思います。例えば、シンバが、突進する水牛の群れに巻き込まれた時のような、ああいうシーンをもっと見たかった。雄大なるアフリカの大地を舞台にしているのに、いまいちスケールが小さい気がする。その点では、『ジャングル大帝』はオープニングから雄大ですね。

 最後に見てください。『ジャングル大帝』のオープニングです。技術的にはディズニーの足元にも及びませんが、雄大さを感じさせるビジュアルです。ディズニーがパクりたくなるのも分かろうと言うもんです。



にほんブログ村 映画ブログへ 



ライオン・キング(1994年)
監督:ロジャー・アレーズ、ロブ・ミンコフ
脚本:ジョナサン・ロバーツ、アイリーン・メッキ
製作;ドン・ハーン
製作総指揮:トム・シュマッカー、サラ・マッカーサー
音楽:ハンス・ジマー
主題歌:エルトン・ジョン

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。