ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  2000年代邦画  »  嫌われ松子の一生(2006年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子の一生(2006年)

 『下妻物語』があまりに面白かったので、録画したまま放置していたこの作品も観てみた。それなりに高い評価を得た作品だってことは知っていたのだけど、観ると、多分辛い思いしそうだなあと思って、今まで観る勇気が湧かなかった。下妻観なかったら恐らくまだ観てないだろう。

 一方的な思い込みで父の愛を十分感じられなかった松子が、教師をクビになったことから家出。幸せを求めながらも人生の坂をドン底まで転げ落ちていく様を描く。男から男の間を渡り歩くが、その相手がどれもロクなヤツじゃなく、そのツキの無さは、前半、全くのギャグではある。

 ところどころミュージカル仕立てになってたり、メリーポピンズ張りのファンタジックなアニメが合成されたりと、『下妻物語』を踏襲したポップな演出で、松子の不幸も半ばペーソスのレベルだったけど、終盤が近づくにつれ、焦点が専ら松子の孤独に当てられてくると、そういう演出が逆にセンチメンタルで悲しい気分を煽る。幼い頃、「マッチ売りの少女」の話を聞かされた時のような、そんな感覚だ。
 
 終盤は本当に悲しい。

 一人、故郷の筑後川に似ている東京の川を見ながら泣いていたという松子。「生まれてごめんなさい」と泣きながらアパートの壁に書いてしまう松子。光GENJIの内海光司に夢中になるくだりは、もう誰とも関係を持たないと誓った松子が、やはり孤独に押し潰されそうで、虚構の人間にまで愛を求める姿だったのだろう。そういう松子の姿が本当に悲しい。

 他人との接触を断ち、引きこもって暮らす晩年の“嫌われ松子”は、他人から見ればゴミのような存在に見えたかも知れない。でも、ここで思う。どんなにゴミのように見える人間でも、一人一人がそれぞれの過去を生きてきたんだってことを。それを観客に伝えられることがこの映画の良さだ。松子にも過去がある。多くの人々の倍以上の過去を生きてきた。その人生は無価値だろうか?
 中島哲也監督は、松子の甥である笙や、その恋人・明日香の言葉に託して、松子に優しい言葉を投げかけている。
 「人間の価値って、人に何をしてもらったかじゃなく、何をしてあげたかだよ」
 松子ほど他人に何かを与え続け、そのくせ他人からは何も与えられなかった女はいない。松子は十分価値のある人間だったんだと中島哲也は言っているように思う。私もそう思う。

 松子が、やっと幸せだったあの頃に帰ることが出来たのは死んでからだった。「まげてのばして」の歌にのせて。
 美しい歌、美しい映像が余韻を誘う。

 素晴らしい映画だ。恐らく『下妻物語』よりこの『嫌われ松子の一生』の方が作品としては上だ。でも、私はもう二度と見たくない。涙が次から次に溢れて止まらなかった。こんな悲しい思いは、出来ればあまりしたくない。

にほんブログ村 映画ブログへ  

『嫌われ松子の一生』(2006年)
監督・脚本:中島哲也
原作:山田宗樹(幻冬舎文庫)
製作:石田雄治、佐谷秀美
製作総指揮:間瀬泰宏、小玉圭太
音楽:ガブリエル・ロベルト、渋谷毅
撮影:阿藤正一
編集:小池義幸
配給:東宝

出演:中谷美紀瑛太伊勢谷友介香川照之市川実日子柄本明


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。