FC2ブログ
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  1960年代邦画  »  日本列島(1965年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本列島(1965年)

 吉原公一郎の『小説日本列島』を原作とし、GHQの強大な権力の下で暗躍する謀略機関の不気味さと、それに翻弄され、虫けらのように殺されていく人々の姿が描かれている。

 キャノン機関を思わせる謀略集団、下山・松川・三鷹事件、BOACスチュワーデス殺人事件等、戦後の混乱期に実際に起こった謎の事件が盛り込まれているが、メインとなっているのは、戦中、陸軍登戸研究所で偽札作りに使用されたというザンメル印刷機だ。

 米軍基地の通訳主任秋山(宇野重吉)は新任のポラック中尉から、1年前東京湾で水死体となって発見されたリミット曹長事件の調査を依頼される。その過程で、ザンメル印刷機の存在を知り、また、背後に謎の謀略機関が蠢いていることを突き止めていく。しかし、その秋山も・・・。

 謀略機関の手先となって暗躍する涸沢(大滝秀治)という人物が不気味だった。安っぽいアクション映画の親分のように「この件から手を引け。そうしないと命は無いぞ」みたいな脅しはかけてこない。それでも彼らにとって邪魔な人間は一人一人必ず消されていく。下手なホラー映画よりよっぽど怖かった。

 もっと怖いのは、彼らが日本で何をしようとしていたのかが全く分からないことだ。同じようなテーマで松本清張にも『日本の黒い霧』や『黒い福音』という著作があるが、これらの作品を観たり読んだりしても、彼らがこの国で具体的に何をしようとしていたのかよく分からない。裏から工作し、日本を米国の世界戦略に加担させていたのだろうということがぼんやりと想像できるぐらいだ。分からないから余計不気味だし、怖い。しかも舞台は昭和34年の日本。とっくに独立を果たした後でさえ、まだ米国が日本の中で秘密工作をしていたのだろうか。

 我々には到底太刀打ち出来そうにない相手への恐怖、宇野重吉演じる秋山はそれでも執拗に幽霊の正体を暴こうとしたが、結局殺されてしまった。黒澤明の『悪い奴ほどよく眠る』でも、巨悪に挑んだ主人公は殺された。オープニングの、火に焼かれる虫達の姿は実に象徴的だ。彼らにとって人間の命はこの虫けら共と同じ重さでしかないのだろう。我々虫けらは結局巨大な悪の前に沈黙するしかないのだろうか? 暗澹たる気分になる映画だった。

 この作品は、『帝銀事件 死刑囚』で監督デビューした熊井啓がその翌年に撮った作品で、巨大な権力に押し潰される個人を描いており、前作と共通する。しかし、作品としてはこちらの方がはるかにスケールが大きく重い。是非一度観ていただきたい。

日本列島『日本列島』(1965年)
監督・脚色:熊井啓
原作:吉原公一郎
企画:大塚和
撮影:姫田真佐久
美術:千葉和彦
音楽:伊福部昭

出演:宇野重吉、二谷英明、鈴木瑞穂、芦川いづみ、大滝秀治、武藤章生、佐野浅夫、内藤武敏、加藤嘉、他

【関連商品】日本列島 [DVD]

 にほんブログ村 映画ブログへ 


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。