ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  松田優作  »  最も危険な遊戯 (1978年) 主演:松田優作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も危険な遊戯 (1978年) 主演:松田優作

 いよいよ始まりました。緊張します。スタートの一本、何の映画について書くかかなり迷いましが、私の好きな松田優作の主演作から始めようかと思います。
 最初は『最も危険な遊戯』。1978年、あの『人間の証明』の翌年に撮られた作品です。しかし、『人間の証明』のように金のかかった映画ではなく、監督の村川透と共に、低予算でどれだけ海外のハードボイルドに迫る作品を作れるかに挑戦した意欲作だそうです。映画はヒットし、シリーズ化、『殺人遊戯(1978年)』『処刑遊戯(1979年)』と計3本の『遊戯』が製作されました。

 さて、感想ですが、映画はわかりやすさが第一ですね。監督が変なところで自己主張せず、素直に単純に娯楽映画として楽しめる。私はそういう映画が好きです。そんな意味でも、『最も危険な遊戯』は私が好きな映画の1本です。
 優作扮する鳴海は普段は等身大(かソレ以下)の人間。が、いざ仕事となると、冷酷非情に、且つ冷静に、淡々と不可能とも思える仕事をこなしていく。変身した後の優作がとにかくカッコイイです。素直に憧れの対象として見ることが出来ます。
 純然たる娯楽映画なのだから、優作のカッコ良さを味わえればそれでいいのですが、それでも、「ここ、もうチョットどうにかならなかったかな?」と思ってしまう部分が無いわけではありません。
 例えば、最初から最後まで鳴海(優作)が写ってないシーンは無いと言っても過言でないぐらい鳴海ばかり写してて、敵=東日電気会長小日向の強大さが表現されていないように思います。だから、小日向がどれだけ怖い奴なのかの実感が持てない。鳴海が足立の暗殺に向かう時「お願い、行かないで」と泣いて引き止める杏子を見ても、それまでの鳴海の超人的な活躍だけを見せられてきた者にとっては、「鳴海にとっちゃ朝飯前の仕事だろ?」としか思えず悲壮感が湧かないのです。それが話の盛り上がりを欠く結果に繋がったように思えます。
 また、鳴海が、何をキッカケに杏子に愛情を感じるようになっていったのかもハッキリ描かれていないため、杏子が連れ去られた時に、優作が、ジーパン刑事再びといった感じで、どこまでも走って追いかけるという行動が凄く唐突に見えるし、車の中で悪徳刑事たちに押さえつけられながら「来ちゃダメ」と泣きじゃくる杏子の姿も浮いてしまってます。
 しかし、至らぬ点は目につくものの、この映画はそんな部分にツッコミを入れながら観る映画ではないのでしょう。それは野暮というもの。動く優作が見られればいいのです。私はこの手の映画を「動くブロマイド」と呼んでいます。昔のチャンバラ映画もそうです。

 あとは蛇足。冒頭の麻雀屋のシーンに柴田恭兵が出てます。サングラスをしているので分かりにくいのですが、よく見ると柴田恭兵です!!
 刈谷俊介や阿藤快も出てます。面白いシーンを見つけました。Wikipediaによると、刈谷俊介は「石崎」という役名を与えられているはずなのですが、後半で、悪徳刑事達が杏子を車で拉致し逃げるシーンで、荒木一郎扮する桂木警部が、運転する刈谷に向かって「刈谷」と呼びかけています。聞き間違えかと思ってもう一度見てみたのですが確かに「刈谷」と呼んでました。荒木さんのうっかりミスだと思われますが、スタッフの皆さん、気付かなかったのでしょうかね?(笑)

『最も危険な遊戯』(1978年)
監督:村川透
脚本:永原秀一
音楽:大野雄二
出演:松田優作、田坂圭子、荒木一郎、内田朝雄

出来ればポチッとお願いします。
 にほんブログ村 映画ブログへ 

  


 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。