ホーム   »  金田一耕助
Category | 金田一耕助

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪霊島 (1981年)

悪霊島 7


 東宝の石坂金田一シリーズとは違うパターンかな?という印象です。

 それまでの金田一物の登場人物達は、当たり前のように古い伝統や価値観の中に生き、そこに何の疑問も持たない人々でした。価値観が云々されることさえ無かったように思います。

 この作品に登場する、刑部大膳(佐分利信)や吉太郎(石橋蓮司)、そして巴御寮人(岩下志麻)も古いタイプの、伝統というものに何の疑いも持たない登場人物ですが、その一方で、刑部島出身で実業家の越智竜平(伊丹十三)は、伝統の破壊者たらんとして島に帰ってきます。また、刑部家の宮司である刑部守衛(中尾彬)は、刑部神社の御神体を俗悪な金の矢に交換する話を越智竜平に持ちかけられ、それに乗ります。守衛の動機は、刑部大膳の強烈な支配に対する復讐心ですが、彼を、大膳に象徴される古い伝統への反抗者と見ることも出来ます。

悪霊島 4 この物語の舞台となった1969年は、70年安保闘争真っ盛りであり、もちろん「あさま山荘事件」や「連合赤軍リンチ殺人事件」も起こっておらず、新左翼党派間の内ゲバもまだ陰惨な殺し合いに発展する前の頃です。70年代に入って、彼ら新左翼活動家達の至らなさが明らかになるにつれ、若者達は急速にシラケ、ミーイズムに向いますが、69年はまだ、「反抗こそ若者の美徳」と多くの人々が考えていた時代だと思われます。篠田正浩監督(横溝正史?)は、そんな時代を象徴する人物として、越智竜平や刑部守衛を作り出したのかな?という感じです。
 また、「性の解放」が叫ばれ、日本女性が堅持してきた貞操観念が徐々に崩壊しつつあった時代でもあり、それが、巴御寮人のもう一つの人格ふぶきの性的奔放さとして表現されていると見るのは考えすぎでしょうか?

 刑部大膳は「人間の尊厳、そういったものを簡単に放棄する奴は、それなりの報いがある。近頃の人間共は、放棄することに慣れて、守ることを忘れている。何が自由だ? 何が解放だ? 己の魂の在り方も守れず、戦後は解放されたとほざく。血が濁っても平気な奴はどんどん死ねばいい!!」と金田一に向かって吐き捨てるように言います。吉太郎は吉太郎で「現代人の失っているもの それは静かで激しい拒絶だ」という言葉を自分の部屋の机に彫っています。それまでの金田一映画からは想像も出来ない言葉です。

 そういう、今までの金田一物映画とは違う、古い価値観と新しい価値観の相克とでも言うようなものが、テーマとして込められているように思います。(もっとも、篠田正浩監督は、DVD付録の解説書の中で「日本の風土が作り上げた神というものは――実は人間が持つ一種のイマジネーションで作られていく……神様は人間が作るんだ、ということをやってみたかった。その思いを『悪霊島』にこめたんです。」と語っていますが。)

悪霊島 6


 本作で不満に思った点もやはり言っておきたいと思います。
 この作品の登場人物が総じて「冷たい」のが気になりました。「冷たい」と言うか、人間の血が通った人物が描かれていないように思います。
悪霊島 3 巴御寮人は常にすまし込んでいて、まるで感情を持たないようです。役柄上ある程度仕方無いとは思いますが、娘・片帆が殺されても平然としているのはいかがなものでしょう? 夫・刑部守衛の妾にずっと預けていた子という設定だから、情が湧かないのでしょうか? それでも、自分の腹を痛めた子という意識はあると思うのですが。竜平は竜平で、三津木五郎(古尾谷雅人)が自分の子供かも知れないと言うのに、五朗に何の思いも無いかのようです。当の五郎にしても、浅井はるのところへやってきたのは本当の母親を探すためだったはずなのに、その思いの深さが伝わってきません。
 主人公の金田一耕助からして、ユーモラスな表情もたまには見せますが、どこか淡々としていて落ち着き過ぎています。石坂浩二の金田一耕助が秀逸だったため余計そう思うのかも知れませんが、金田一耕助に何のキャラクター付けもされておらず、袴姿の普通の人といった感じです。
 全ての登場人物が、ただ話を進めるためだけに登場する人形のようでした。

 また、話が分かりにくい部分、最後まで観てもはっきりしない部分が幾つかありました。重箱の隅をつつくようですが、最後まで残った疑問を挙げてみますと、
●越智竜平はなぜ、消息不明になった青木の調査を金田一に依頼したのでしょう? 青木は越智の部下だったのでしょうか?
●殺された浅井はるの家で見つかった、刑部神社のおみくじの意味は?
悪霊島 2●刑部守衛殺害現場にあったはずの、平教経の弓が七人塚にあった意味は?
●真帆は「片帆が生前何かを怖がっていた」と金田一に言いますが、それは何なのでしょう? 片帆は、母・巴御寮人の中の別人格を知っていて、それを怖がっていたのでしょうか? それにしては、巴御寮人母娘が初めて登場する記念撮影のシーンでは、片帆が母を怖がっているようには見えません。
金田一耕助が「ふぶき」の部屋に入った時、前からそこにいた誠が金田一に発見され、逃げ出しますが、誠はそこで何をしていたのでしょう?
●三津木五郎の生まれた年の夏、モグリの産婆・浅井はるが取り上げた子は一人だけです。腰が繋がったシャム双生児でした。それこそが巴と竜平の間に生まれた子だったのですが、ならば、五朗は、巴と竜平の子ではなかったと云うことで良いのでしょうか? だとすれば、五朗が育ての母から聞いた話は何だったんでしょう?

 以上、最後まで説明が無かった点です。これらの他にも、よほど注意して見てないと、一度見ただけでは分かりにくい部分も幾つかあり、この辺りの篠田正浩監督の不親切さは、“芸術映画”を作っていた頃のクセが抜けきれなかったものでしょうか。


悪霊島 5 尚、この作品、冒頭とラストに、ビートルズの『Get Back』『Let It Be』が使用されていましたが、使用期限が過ぎ、DVDでは他のアーティストによるカバー曲に挿し替えられています(『Get Back』⇒ビリー・プレストン、『Let It Be』⇒レオ・セイヤー)。私が今回観たのもDVDででしたが、レオ・セイヤーの歌による『Let It Be』が実に良いです。本家ビートルズのバージョンも良いですが、こちらもかなり心に響くものがあります。機会がありましたら、一聴されることをお勧めします。


悪霊島 1


『悪霊島』(1981年)
監督:篠田正浩
脚本:清水邦夫
原作:横溝正史
製作:角川春樹
プロデューサー:橋本新一、飯泉征吉
撮影:宮川一夫
美術:朝倉摂
音楽:湯浅譲二
音楽プロデューサー:高桑忠男

出演:鹿賀丈史、室田日出男、古尾谷雅人伊丹十三岩下志麻、岸本加世子、宮下順子、二宮さよ子、中島ゆたか、大塚道子、原泉、武内亨、嵯峨善兵、多々良純、中尾彬、佐分利信、石橋蓮司、根岸季衣、浜村純、他

ポチっとやってもらえると幸せです
にほんブログ村 映画ブログへ  

スポンサーサイト

獄門島 (1977年)

 いつもの金田一物映画だなあ、というのが第一印象。巨匠・市川崑が撮るのだから、ケチのつけ所も見当たらないが、可もなく不可もなく、第一作『犬神家の一族』をなぞってるなといった感じ。決して駄作ではないけれど、金田一耕助自身のファンでないならば、犬神家だけ見てればいいかな?とも思う。

 ただ、単なるミステリー映画なのに、登場人物同士の関係が明らかになった時、観る者を泣かせるものがあって、崑の術中にハマってたまるかと思いつつ、今回もやっぱり私は泣かせられたのだった。

 伏線の張り方も実に巧みだ。冒頭に出ていた足の悪い傷痍軍人、踏切の手前でそれが芝居だったことが分かるシーンがあるのだが、単にユーモアを添えるためのシーンかと思いきや、後で、それが大きな意味を持っていたことを知らされる。本当に巧いですね、この辺り。

 タイトルバックに荻野目慶子の名前があるのを見ていたので、どこに出てるんだ?と探しながら見ていて、てっきり阿呆三人娘の内の一人かと思っていたら、別の、かなり大きい役で出ていた。失礼しました。と言ったら、阿呆三人娘の一人を演じていた浅野ゆう子に失礼だろうか? 考えてみれば、1977年と言えば、荻野目さん、まだ13歳で、阿呆三人娘をやる歳じゃないのだった。それぐらいすぐ計算しろよ、オレ。

 にしても、良い役者が出ている。佐分利信はいつ見ても貫禄があるし、東野英治郎は、これが水戸黄門と同じ人かと思うぐらい偏屈で迫力のある爺さんを演じていた。司葉子も綺麗、大原麗子も綺麗。出演する役者達の顔を見ているだけで幸せな気分になり、水野晴郎ではないが、やっぱり映画っていいもんですねえ、という気分になる。そんな一本です。

獄門島『獄門島』(1977年)
原作:横溝正史
監督:市川崑
脚本:久里子亭
音楽:田辺信一
撮影:長谷川清
照明:佐藤幸次郎
美術:村木忍
録音:矢野口文雄
編集:池田美千子 / 長田千鶴子

出演:石坂浩二、加藤武、大原麗子、司葉子、太地喜和子、ピーター、浅野ゆう子、中村七枝子、一ノ瀬康子、草笛光子、内藤武敏、大滝秀治、上條恒彦、松村達雄、稲葉義男、小林昭二、辻萬長、坂口良子、三木のり平、東野英治郎、佐分利信、荻野目慶子、三谷昇

【関連商品】
獄門島 [DVD]
金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX
獄門島 オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)
獄門島 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

 にほんブログ村 映画ブログへ 

名探偵・金田一耕助シリーズ

 テレビ放映時のタイトルは『名探偵金田一耕助の傑作推理』。大昔に観た時、いかにも2時間ドラマ的な作りであまり面白くなかったので二度と観なかったシリーズです。
 どういうワケか今私の中に金田一耕助の再ブームが到来しているので、半ば気まぐれのように観てしまいました。そして思ったことは、「面白くないものは何度観ても面白くないな」ってことです。昔観た時は面白くなかったけど今見たら面白かったという作品もたまにはありますが、これは10年後、20年後に観返しても多分つまらないままでしょう。
 
 観たのは『人面疽』というタイトルの一本で、2003年の作品。
 ヒロイン役に斉藤由貴が配されてますが、2003年といえば斉藤さんも既に37歳。その歳でも十分可愛いのは斉藤さんの凄さですが、やはり熟女というカテゴリーに片足突っ込んでますし容色衰えている面は否定出来ません。それが、娘の役で旅館の跡取り息子の嫁になれるかどうかなんてやってるんですから興醒めです。
 古谷一行の金田一耕助も最早初老、横溝正史シリーズの頃の若々しく陽気な金田一ではなくなっていました。観ていて痛々しささえ覚えます。

 金田一物の妖美な雰囲気も皆無。人が死ぬたびに「祟りじゃ~~~~~!!」とおおぬさを振る巫女が出てきますが、これ出せば金田一物っぽくなるよねえっと言ったノリで安易に出している感がアリアリで、その老巫女が「祟りじゃ~~~~~!!」と喚くたびに後から蹴飛ばしたくなる衝動に駆られました。
 
 この辺、ストーリーを書かないと読んでも分からないと思いますが、かまわず続けます。
 
 そもそも、話がおかしいのです。斉藤次官が死んだ時、三原じゅん子がお守りを探しますが、なぜ三億円の隠し場所がそのお守りに書いてあると思ったのか? 事前にそのお守りの神社に隠したと聞いていたのか? たとえそうだとしても、代々伝わる古い旅館の床下にどうやって三億円もの金を埋められると思ったのか、結局金はありませんでしたが当たり前です。もう話の作りが荒いことと言ったらありません。大概の2時間ドラマはこの調子です。
 
 本当に時間の無駄でした。二度と観ないと思います。

出来ればポチッとお願いします!!
 にほんブログ村 映画ブログへ と、ブログをアップするたびにお願いしているのですが、あんまりポチッとやってもらってないようです(その前に人が来ないのですが)。面白くないんでしょうね。他人の作品を貶してる場合じゃないですよね。これからは、貶さざるを得ない作品については最初から書かないことにします。

真珠郎(1978年)

真珠郎2

真珠郎はどこにいる? 
城北大学講師椎名肇はその目ではっきりと見た。信州鳥越湖畔の柳の下、目も彩に飛び交う無数の蛍火に包まれて、蹌踉として立った絶世の美青年真珠郎。しかもその真珠郎が女のような真っ白な手を鮮血に染めて二度ならず三度までも殺人の惨劇を繰り返そうとは・・・
 (オープニングナレーションより)

《あらすじ》 
真珠郎3 城北大学講師・椎名(原田大二郎)は、ある日、校舎の窓から「ヨカナーンの首」のような雲が浮かんでいるのを見て驚愕する。東洋哲学講師・乙骨(中山仁)から「君は疲れている」と言って旅に誘われた椎名は、彼と共に信州にある鵜藤という人物の屋敷へ向かう。
 途中のバスで、椎名は偶然にも友人である金田一耕助(古谷一行)と出会う。金田一もまた近所に逗留する予定だった。バスにはもう一人、奇妙な老婆が乗り込んできて、椎名と乙骨が鳥越湖畔に向かうと聞くや、「引き返せ、鳥越湖に行ってはいけない、血の匂いがする、湖は血で真っ赤になる」と訳の分からぬことを喚いて降りていく。
真珠郎4 鵜藤家に着いた二人を、鵜藤氏の姪・由美(大谷直子)が出迎える。鵜藤氏(岡田英次)は、元は東京で生物学の研究をしていたが、事情でこの地に隠棲している。半身不随で、顔の半分に醜いアザがある。姪の由美を2,3年前に引き取り、元は遊郭だったというこの屋敷に、二人だけで住んでいる。
 村人たちの間には、その屋敷にもう一人別の人間が隠れ住んでいるという噂があった。椎名と乙骨も、屋敷内の蔵にもう一人の人間がいると疑うが、由美が蔵を案内してもその存在は確認できなかった。
 そして真夜中、外からの物音で目覚めた二人は、柳の木の下に、妖のような絶世の美青年が立っているのを目撃する。翌朝、二人からそのことを聞いた鵜藤氏はひどく驚愕した様子である。
真珠郎1 そして、椎名と乙骨が湖でボートを漕いでいる時、突然浅間山が噴火し、岸に急ぐ二人は、あの美青年が日本刀で鵜藤氏を斬殺するのを目撃する。急いで屋敷に帰り、鵜藤氏の姿を探す椎名、乙骨、由美の前に、再びあの老婆が現れ、三人を「逃げ水の淵」という湖畔の洞窟に導く。そこで彼らが見た物は首の無い鵜藤氏の死体だった。 あの美青年の名は真珠郎。ある女への復讐のため、鵜藤氏によって作り上げられた美しき殺人鬼だった。そして、その殺人鬼は、帰京した椎名の周辺に姿を見せるようになる。真珠郎の次の標的は誰なのか?




 1978年5月、TBS系『横溝正史シリーズⅡ 』として全3回で放映された作品です。

真珠郎5 妖しいですね、真珠郎。凄く耽美なキャラクターで、金田一物の登場人物の中でも一番好きです(原作の『真珠郎』は金田一耕助物ではありませんが)。
 願わくば、映像化するにあたっては、もう少し綺麗な女優さんをキャスティングして欲しかったと思います。いえ、別に早川絵美さんが綺麗じゃないとは言いません。ただ、もうチョットその・・・まあ、これ以上は言いますまい。どっちかって言うと、由美役だった大谷直子さんが真珠郎をやれば良かったのになあと思ってます。目が綺麗ですからね。真珠郎は目が綺麗な人じゃないとダメだというのが私の持論です。大谷さん、最近はメディアへの露出も少なくて寂しい限りです。もう還暦過ぎちゃってるようですが、まだまだ十分美しい方です。

 ちなみに、真珠郎役の早川絵美さんについて調べたんですが、特撮番組『ザ・カゲスター』でベルスターを演じた方だったんですね。カゲスターは救いようのないほどカッコ悪かったので観てなかったのですが、幼い頃のヒーローの一人ではありまして、早川さんがベルスターだったことで一挙に彼女への親近感が湧きました。尚、早川さんのご主人は同じく特撮番組『秘密戦隊ゴレンジャー』でアカレンジャーだった誠直也さんです。『特捜最前線』の吉野刑事役でもお馴染みですね。
 
 古谷一行さんの金田一耕助も明るくていい!! 石坂金田一と、まあ似たような雰囲気ですが、それを更に明るくした感じです。「誰が演じた金田一耕助が好きか?」というテーマでアンケートを取ると、大体、石坂さん、古谷さんが3位以下を大きく離してトップにくるのですが、それも分かります。当たり役ってやつですね。

 怪しく耽美な世界がお好きな方にはお勧めです。尚、横溝正史シリーズⅡ主題歌『あざみの如く棘あれば』について、作詞の阿久悠氏が書かれた文章がありましたので貼っておきます→『あまり売れなかったが なぜか愛しい歌』



出来ればポチッとやってもらえると嬉しいです。励みになりますので。
 にほんブログ村 映画ブログへ  


『真珠郎』
(1978年 5月13日~5月27日・全3回)
企画;角川春樹事務所、毎日放送
原作:横溝正史
監督:大洲齊
脚本:安藤日出男
音楽:真鍋理一郎
製作:毎日放送、大映京都、映像京都
主題歌:あざみの如く棘あれば( 作詞:阿久悠 作曲・歌:茶木みやこ)
出演:古谷一行、大谷直子、原田大二郎、中山仁、早川絵美、岡田英次、加藤嘉、藤原釜足、長門勇

八つ墓村 (1977年) 主演:萩原健一

八つ墓村1 この映画は、はるか昔の高校時代にテレビでやってたのを一度観たっきりなんですが、今日改めて観た時、とんでもない記憶違いをしていることに気づきました。渥美清が金田一耕助なのは覚えていたのですが、その金田一耕助が、今多くの人が思い浮かべる着物に袴ではなく普通の洋服を着ていたのです。私の記憶の中ではずっと石坂金田一と同じあのコスチュームで思い返されていたので、渥美金田一が初めて登場したシーンでは持っていたコーヒーカップを膝の上に落としそうになりました。

 なぜ、そのような記憶違いが起こったのか? 理由は多分、この作品の主人公が金田一耕助ではないためです。
 主役はあくまで萩原健一扮する寺田辰弥。だから辰也中心にストーリーが進行し、金田一耕助は完璧な脇役、登場シーンも本当に少ないです。影が薄いといいますか、あまり活躍していません。一応、探偵として登場する以上、最後に真犯人が誰かを告げる役回りは与えられているものの、その推理結果に至った過程の描写はごっそり削除されてます。ある意味、この映画は横溝物映画ではあっても、金田一物映画ではないのかも知れず、横溝ファンというより金田一耕助のファンなんだという方は不満を感じるかも知れませんね。

 しかも、それが普通のオジサンの格好じゃあ、「こんなの金田一じゃないやい!!」と駄々をこねたくもなりますが、『八つ墓村』は松竹作品であり、東宝と同じ金田一にするワケにはイカン!!ということもあったのかも知れません。また、石坂浩二で金田一耕助のイメージが定着する以前は、中尾彬がジーパン姿の金田一耕助をやったり、高倉健にいたってはスーツ姿のダンディな金田一をやってたそうですし、これで文句を言うのは、私のように『犬神家』から金田一を知った“ニワカ”なのかも知れません。

八つ墓村3 それに、この作品、舞台が、終戦直後ではなく現代に置き換えられていて(もちろん、現代と言っても今から三十数年前の現代ですよ)、その時代に袴姿の人なんていませんからね。

 この、舞台を現代に置き換えるという趣向は良い効果を上げてます。祟りや怨霊の跋扈する田舎と、都会との対比が凄く利いているのです。辰也の職場を、空港といういかにも現代的な場所に設定したのも多分狙ってのことでしょう。高校の頃、一番最後で辰也が都会に戻ってきて飛行機の誘導をやってる姿を見た時は、「“普通の世界”に戻れてよかったな~・・・」とホッした気分になったのを覚えてます。その直前のカットが、山の上から、炎上する多治見家を八人の落ち武者(の亡霊?)が見下ろしている姿ですから、なおさら「よかったな~~~」という気分でした。

 余談ですが、この多治見家が炎上するシーンは特撮ではありません。莫大な金をかけて作った屋敷を本当に燃やしちゃったのだそうです。当時の新聞に載ってました。おかげで遠くからの俯瞰でも凄い迫力が感じられ、見せ場の一つになってます。

 で、八人の落ち武者なんですが、彼らを村人が惨殺するシーンもムゴかった。見ながら、「この糞百姓どもがーーー!!」と奥歯をギリギリ噛み締めていました。絵自体は、まるで安っぽい怪談映画のようなところもあるし、チョットやり過ぎだろ?とも思う反面、いや、これぐらいやらないと、尼子義孝がなぜ末代まで祟る怨念を抱くに至ったかが伝わらないじゃないかとも思います。

 そして、尼子義孝の怨霊に操られるようにして起こった、辰也の父・多治見要蔵による村人大量殺人事件です。前の落ち武者虐殺シーンと違って、このシーンはやたらリアルでした。モチーフが実際に起こった津山三十人殺しであることは有名ですが、野村芳太郎監督、その事件を現場で見てたんじゃないか?と思えるほどで、まるで悪夢のようでした。多治見要蔵役の山崎努も、元があの顔なのに(ゴメンナサイ)、更にその顔にあんな不気味なメイクをして、頭に鬼の角のように懐中電灯を差して、その格好だけでもキ○ガイなのに、それが狂人丸出しの形相で夜の闇を疾駆するんですから、まあ、夜の通りであんなのに出くわしたら私なら0.1秒以内に失神する自信があります。

 こうして次々と凄惨なシーンが続くこの物語、「もう勘弁して~~~~!!(泣)」と、思わず叫んでしまいそう。しかし、野村芳太郎監督は、クライマックスの前にとびきり美しいシーンを用意してくれていたのです。



 それは、辰也と美也子の二人が“竜のアギト”を探そうと言って、二人だけで地下の鍾乳洞の中を歩いていくシーンです。八つ墓村2芥川也寸志による「道行のテーマ」をバックに、手に手を取りあって歩く二人。やがて見つかる“竜のアギト”、辰也が産まれた場所です。辰也と美也子の交情シーンに、辰也の、母と父の結ばれるカットがオーバーラップし、本当に美しいシーンになってます。それを彩る芥川也寸志の、これまた美しすぎるほどに美しい音楽が、おどろおどろしく残虐な作品に格調を添えました。
 この数分間があるが故に、『八つ墓村』は、『犬神家の一族』に勝るとも劣らない名作になり得たと私は確信してます。
 金田一映画、あるいは横溝映画を知らない今の若い世代の人には是非観ていただきたい作品です。ただし、他の作品も観るつもりなら、これを真っ先に観ちゃうと、他のがつまんなく見えるかも知れないのでご注意を。

出来ればポチッとお願いします 
 にほんブログ村 映画ブログへ 

八つ墓村4『八つ墓村』(1977年)
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、杉崎重美、織田明
原作:横溝正史
脚色:橋本忍
撮影:川又昂
音楽:芥川也寸志
美術:森田郷平
編集:太田和夫
録音:山本忠彦
照明:小林松太郎

出演:萩原健一(寺田辰弥)、小川真由美(森美也子)、山崎努(多治見要蔵、久弥)、山本陽子(多治見春代)、市原悦子(多治見小竹)、山口仁奈子(多治見小梅)、中野良子(井川鶴子)、加藤嘉(井川丑松)、井川比佐志(井川勘治)、花澤徳衛(磯川警部)、綿引洪(矢島刑事)、下絛アトム(新井巡査)、夏八木勲(尼子義孝)、田中邦衛(落武者A)、稲葉義男(落武者B)、橋本功(庄左衛門)、大滝秀治(諏訪弁護士)、夏純子(美也子の妹・和江)、藤岡琢也(久野医師)、下絛正巳(工藤校長)、山谷初男(馬喰吉蔵)、浜田寅彦(吉岡太一郎)、浜村純(森荘吉)、任田順好(濃茶の尼)、渥美清(金田一耕肋)




続きを読む
プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。