FC2ブログ
ホーム   »  伊丹十三
Tag | 伊丹十三

悪霊島 (1981年)

悪霊島 7


 東宝の石坂金田一シリーズとは違うパターンかな?という印象です。

 それまでの金田一物の登場人物達は、当たり前のように古い伝統や価値観の中に生き、そこに何の疑問も持たない人々でした。価値観が云々されることさえ無かったように思います。

 この作品に登場する、刑部大膳(佐分利信)や吉太郎(石橋蓮司)、そして巴御寮人(岩下志麻)も古いタイプの、伝統というものに何の疑いも持たない登場人物ですが、その一方で、刑部島出身で実業家の越智竜平(伊丹十三)は、伝統の破壊者たらんとして島に帰ってきます。また、刑部家の宮司である刑部守衛(中尾彬)は、刑部神社の御神体を俗悪な金の矢に交換する話を越智竜平に持ちかけられ、それに乗ります。守衛の動機は、刑部大膳の強烈な支配に対する復讐心ですが、彼を、大膳に象徴される古い伝統への反抗者と見ることも出来ます。

悪霊島 4 この物語の舞台となった1969年は、70年安保闘争真っ盛りであり、もちろん「あさま山荘事件」や「連合赤軍リンチ殺人事件」も起こっておらず、新左翼党派間の内ゲバもまだ陰惨な殺し合いに発展する前の頃です。70年代に入って、彼ら新左翼活動家達の至らなさが明らかになるにつれ、若者達は急速にシラケ、ミーイズムに向いますが、69年はまだ、「反抗こそ若者の美徳」と多くの人々が考えていた時代だと思われます。篠田正浩監督(横溝正史?)は、そんな時代を象徴する人物として、越智竜平や刑部守衛を作り出したのかな?という感じです。
 また、「性の解放」が叫ばれ、日本女性が堅持してきた貞操観念が徐々に崩壊しつつあった時代でもあり、それが、巴御寮人のもう一つの人格ふぶきの性的奔放さとして表現されていると見るのは考えすぎでしょうか?

 刑部大膳は「人間の尊厳、そういったものを簡単に放棄する奴は、それなりの報いがある。近頃の人間共は、放棄することに慣れて、守ることを忘れている。何が自由だ? 何が解放だ? 己の魂の在り方も守れず、戦後は解放されたとほざく。血が濁っても平気な奴はどんどん死ねばいい!!」と金田一に向かって吐き捨てるように言います。吉太郎は吉太郎で「現代人の失っているもの それは静かで激しい拒絶だ」という言葉を自分の部屋の机に彫っています。それまでの金田一映画からは想像も出来ない言葉です。

 そういう、今までの金田一物映画とは違う、古い価値観と新しい価値観の相克とでも言うようなものが、テーマとして込められているように思います。(もっとも、篠田正浩監督は、DVD付録の解説書の中で「日本の風土が作り上げた神というものは――実は人間が持つ一種のイマジネーションで作られていく……神様は人間が作るんだ、ということをやってみたかった。その思いを『悪霊島』にこめたんです。」と語っていますが。)

悪霊島 6


 本作で不満に思った点もやはり言っておきたいと思います。
 この作品の登場人物が総じて「冷たい」のが気になりました。「冷たい」と言うか、人間の血が通った人物が描かれていないように思います。
悪霊島 3 巴御寮人は常にすまし込んでいて、まるで感情を持たないようです。役柄上ある程度仕方無いとは思いますが、娘・片帆が殺されても平然としているのはいかがなものでしょう? 夫・刑部守衛の妾にずっと預けていた子という設定だから、情が湧かないのでしょうか? それでも、自分の腹を痛めた子という意識はあると思うのですが。竜平は竜平で、三津木五郎(古尾谷雅人)が自分の子供かも知れないと言うのに、五朗に何の思いも無いかのようです。当の五郎にしても、浅井はるのところへやってきたのは本当の母親を探すためだったはずなのに、その思いの深さが伝わってきません。
 主人公の金田一耕助からして、ユーモラスな表情もたまには見せますが、どこか淡々としていて落ち着き過ぎています。石坂浩二の金田一耕助が秀逸だったため余計そう思うのかも知れませんが、金田一耕助に何のキャラクター付けもされておらず、袴姿の普通の人といった感じです。
 全ての登場人物が、ただ話を進めるためだけに登場する人形のようでした。

 また、話が分かりにくい部分、最後まで観てもはっきりしない部分が幾つかありました。重箱の隅をつつくようですが、最後まで残った疑問を挙げてみますと、
●越智竜平はなぜ、消息不明になった青木の調査を金田一に依頼したのでしょう? 青木は越智の部下だったのでしょうか?
●殺された浅井はるの家で見つかった、刑部神社のおみくじの意味は?
悪霊島 2●刑部守衛殺害現場にあったはずの、平教経の弓が七人塚にあった意味は?
●真帆は「片帆が生前何かを怖がっていた」と金田一に言いますが、それは何なのでしょう? 片帆は、母・巴御寮人の中の別人格を知っていて、それを怖がっていたのでしょうか? それにしては、巴御寮人母娘が初めて登場する記念撮影のシーンでは、片帆が母を怖がっているようには見えません。
金田一耕助が「ふぶき」の部屋に入った時、前からそこにいた誠が金田一に発見され、逃げ出しますが、誠はそこで何をしていたのでしょう?
●三津木五郎の生まれた年の夏、モグリの産婆・浅井はるが取り上げた子は一人だけです。腰が繋がったシャム双生児でした。それこそが巴と竜平の間に生まれた子だったのですが、ならば、五朗は、巴と竜平の子ではなかったと云うことで良いのでしょうか? だとすれば、五朗が育ての母から聞いた話は何だったんでしょう?

 以上、最後まで説明が無かった点です。これらの他にも、よほど注意して見てないと、一度見ただけでは分かりにくい部分も幾つかあり、この辺りの篠田正浩監督の不親切さは、“芸術映画”を作っていた頃のクセが抜けきれなかったものでしょうか。


悪霊島 5 尚、この作品、冒頭とラストに、ビートルズの『Get Back』『Let It Be』が使用されていましたが、使用期限が過ぎ、DVDでは他のアーティストによるカバー曲に挿し替えられています(『Get Back』⇒ビリー・プレストン、『Let It Be』⇒レオ・セイヤー)。私が今回観たのもDVDででしたが、レオ・セイヤーの歌による『Let It Be』が実に良いです。本家ビートルズのバージョンも良いですが、こちらもかなり心に響くものがあります。機会がありましたら、一聴されることをお勧めします。


悪霊島 1


『悪霊島』(1981年)
監督:篠田正浩
脚本:清水邦夫
原作:横溝正史
製作:角川春樹
プロデューサー:橋本新一、飯泉征吉
撮影:宮川一夫
美術:朝倉摂
音楽:湯浅譲二
音楽プロデューサー:高桑忠男

出演:鹿賀丈史、室田日出男、古尾谷雅人伊丹十三岩下志麻、岸本加世子、宮下順子、二宮さよ子、中島ゆたか、大塚道子、原泉、武内亨、嵯峨善兵、多々良純、中尾彬、佐分利信、石橋蓮司、根岸季衣、浜村純、他

ポチっとやってもらえると幸せです
にほんブログ村 映画ブログへ  

スポンサーサイト



家族ゲーム(1983年)

 本間洋平の原作は読んでないのだが、あらすじや書評などを読む限り、互いに無関心な家族を戯画的に描いた作品らしい。要するに「家族崩壊」の話だ。

 森田芳光監督はそれを自分なりに味付けして見せてくれた。

 一見、どこにでもある普通の家族の姿だ。どこが崩壊してんだ?と私には見えた。

 だが、よく見ると、家族同士の無関心ぶりや自己中心な様を表現したシーンは随所に散りばめられている。母親が、早くに子供を産んだことで子供に縛られっぱなしの人生を送ることになったのを後悔していたり、子供の進路決定に関する大事なことを家庭教師に任せてしまったり、長年連れ添っていながら自分の亭主の好きなものを知らなかったり、戸川純など義父が死ぬことより葬式をどうするかを心配していたり・・・

 その最たるものが、家族全員が横一列に並んでとる食事の風景だろう。『家族ゲーム』と言えば、常に真っ先に話題にされるあのシーンだ。

 崩壊家庭の姿を描くことは、同時に、従前のホームドラマの常識をぶっ壊すことに繋がる。横一列の食卓もその一つだが、やり過ぎだろ?と思わなくもない。なぜ森田監督がそこまでやったか?
 森田監督は、崩壊家庭を描くことより従前のホームドラマの破壊の方をよりやりたかったんじゃなかろうか?と私は想像する。次男が高校に合格した日の晩餐がメチャクチャになるシーンも、ぶっ壊してやったぞという森田監督からのメッセージだと見るのは穿ち過ぎだろうか?

 だからといって、崩壊家庭を描くことなどどうでもよかったとは言わない。全編にシュールな演出を施すことで、家族に漂う不安感を表現している。森田流なのだ。
 松田優作演じる家庭教師も、どこまでも掴みどころのない人物像に描かれていて不気味だ。
 ラストのヘリの音。それを聞きながら眠っていく母親は、彼女の、社会に対する無関心をも象徴しているのだろうが、観客は、ヘリの音に得体の知れない不安感を掻き立てられながら映画を観終わることになる。

 森田監督は、新しい時代のホームドラマを作ったのだ。そして、それは不安感に溢れていた。


『家族ゲーム』(1983年)
監督:森田芳光
製作:佐々木志郎、岡田裕、佐々木史朗
原作:本間洋平
脚本:森田芳光
企画:多賀祥介、山田耕大
撮影:前田米造
美術:中澤克巳
編集:川島章正
録音:小野寺修
スクリプター:竹内健二
助監督:金子修介
制作補 :桜井潤一
配給:ATG

出演:松田優作、伊丹十三、由紀さおり、宮川一朗太、辻田順一

【関連商品】
家族ゲーム [DVD]
家族ゲーム (集英社文庫)

 にほんブログ村 映画ブログへ 

プロフィール

Blik

Author:Blik
作品や監督、俳優等について深い知識は持ち合わせておりません。ハッキリ言えばニワカですので私の評はアテにしないでください。また今日も頓珍漢なこと書いてやがんなあ、ぐらいの感じで読むのが丁度良いかと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
PR
NHK 金曜ロードSHOW! 日曜洋画劇場 水曜プレミアムシネマ BS11 ホタルノヒカリ 愛と誠 臨場 劇場版 苦役列車 おおかみこどもの雨と雪 ヘルタースケルター ベティ・ブルー 海猿_BRAVE_HEARTS 日活100周年邦画クラシックス ボノロン 浅草花やしき こども商品券